ロイテリ菌配合乳酸菌 スウェデンティス

スウェーデンで生まれ育った「L-ロイテリ菌」

ロイテリ菌 スウェデンティス
ロイテリ菌 スウェデンティス

すべての生命体は、もともと菌から生まれ、菌と共に進化しました。
今も菌たちは、すべての生物の体内や表皮に共生し、その生命維持を担っています。
常在菌の「菌質」が良いと人は健康になり、悪いと不健康になります。
口は全身の入り口。口の中の「菌質」は、全身の菌質を大きく左右します。

歯科からはじまる、全身の健康。それはすなわち、歯周病との戦いです。
そして歯周病は、歯周病菌が引き起こす「菌感染症」です。
つまりカギを握るのは、口内菌をいかに制御するかです。

ロイテリ菌 スウェデンティス

口内菌質の改善で、全身の健康を守る新しい歯科プログラム

L-ロイテリ菌一包に生菌2億個以上配合

生きて届く

ヒトと共存することに長けており、口腔内や腸管表面へ生きたまま付着し体内のバランスをコントロールします。

母の力

ヒトの母乳から発見された「ヒト由来の乳酸菌」であり、副作用もありません。

免疫力向上

免疫システムをコントロールし、アレルギーやアトピーを改善に導きます。

抗菌物質を産生

「ロイテリン」という天然の抗菌物質を作り、口腔内で歯周病菌など、胃でピロリ菌などの悪玉菌を抑制します。

ロイテリ菌配合 スウェデンティス
プシュケー

乳酸菌酵母生産物質

小牧久時博士(ノーベル医学生理学賞の最終選考候補者)が発明した腸内に存在する善玉菌の分泌物。
口腔内において善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしていきます。
同様に腸内においても善玉菌の育成を行います。

クリスパタス菌

出産時に母親の産道を経由して受け継がれる乳酸菌です。

乳幼児の腸内から多く発見される機能性乳酸菌です。
大学との共同研究にて、アレルギー症状の軽減・感染症リスクの低下が確認されています。
乳酸菌のクリスパタス菌KT-11は、唾液中の善玉菌を増やすとともに、口腔内をきれいにしてくれる作用(自浄作用)があります。

東京大学、信州大学、日本大学松戸歯学部、女子栄養大学、麻布大学等の研究機関により研究、開発が進められた産道に存在する新しい乳酸菌です。

スポルス

有胞子乳酸菌

カプセル型の乳酸菌のため、胃酸の影響を受けず、腸まで元気に届き、腸内で善玉菌として活動をはじめます。

スウェデンティス成分ほか

商品名:スウェデンティス

原材料名

L-ロイテリ菌、乳酸菌酵母生産物質、クリスパタス菌、有胞子乳酸菌、マルトデキストリン、還元麦芽糖、ソルビトール、エキス末(ミント・レモン)、キシリトール

栄養成分表

熱量 5.7kcal、炭水化物 0.8g、タンパク質 0g、食塩相当量 0.002g、脂質 0g
(1パック 1.5gあたり)

内容量:45g(1.5g*30本入り)

保存方法
直射日光、湿気を避け、涼しいところに保存してください。

スウェデンティスの飲み方

1日の目安は1包程度です。
そのままお口に含み、ゆっくり溶かしながらお召し上がりください。

ご家族でご使用される場合は、摂取量は減るものの、小分けしてお召し上がりいただくことも可能です。顆粒タイプならではの飲み方で工夫ができます。

いつ、どのようにお飲みいただいても構いませんが、まずは歯磨きの後に、1日の目安量(1パック)をお飲みいただくのがよろしいです。
飲み忘れのないように、夜の歯磨きの後など決まったタイミングでいただく方法もあります。
まずは、ご自身にあった習慣で60日間お試しください。

タイトルとURLをコピーしました